ウイルス検出で処方のバルトレックスは副作用で血尿も

人の細胞内で増殖するウイルスの中でもヘルペスウイルスは、皮膚や粘膜などに水疱を作ることが多くなります。単純ヘルペスウイルスや水痘そして帯状疱疹などの治療に処方されることになるのは、こうしたウイルスに有効性があるバルトレックスなどです。

早期治療が悪化させないために大切で、ヘルペスウイルスが検出され処方が行われたらすぐに服用を始めるべきです。放置しておいても自然に治まる人もいますが、痛みやかゆみなどが伴っている場合、薬で早く状態を回復させたほうが良いです。一度感染してしまうと体から完全に消えることがなく状態を落ち着かせるにとどまり、免疫力などが落ちたりすると再発しやすいウイルスです。

扁桃炎などになった際、ヘルペス以外のウイルスが検出された場合でも有効性のある薬がほかにないため、バルトレックスが処方されることもあります。薬を飲みきったら再度検査を受けて、ウイルスの状態を調べたほうが良いです。

バルトレックスは正しく服用することが大切で、誤って多く飲んでしまうと体がだるくなってしまうことがあります。体質に合わず薬が効きすぎたり副作用が出た場合には、病院に行って別な薬に変えてもらうなどの対応をすると安心です。高齢者の人がバルトレックスを飲む場合には、水分を多く補給することが求められます。

副作用の出方は人によって違い、頭痛や眠気さらに肝機能検査値が上昇したり、下痢や吐き気あるいは便秘、血尿などや呼吸停止、意識障害など危険な状態に至る人もいるため、正しく飲むだけでなく服用後しばらくは体の変調に注意するべきです。これまで薬による発疹や体調不良を起こしたことがある人は、初めに医師に伝えておくとよく、何の薬で起きたかも覚えていたら伝えましょう。