通院とバルトレックスはエイズ患者のヘルペスに

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制などの治療薬として欧米諸国で承認されている抗ウイルス化学療法剤ですが、日本国内では未だ市販化されていない処方箋薬なので、医師等の処方箋が無いと購入する事の出来無い処方箋薬です。日本国内のヘルペスの治療は、バルトレックスやゾビラックスやファムビルなどのデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬を5日間~10日間程度の継続服用で治癒するので、専門の医療機関によっては1回の通院で治療が完了するケースもあります。しかし、人間の神経節細胞と親和性の高いヘルペスウイルスは、ウイルスにとって不適切な体内環境時には神経節の奥深くに潜み、体調不良や過度のストレスなどにより免疫力が低下した時に再発する確率が非常に高い為に、再発抑制治療として1年の長期間にわたりバルトレックスを継続服用するケースがあります。再発抑制治療中は、バルトレックスの処方箋を貰う為に専門の医療機関に複数回通院する必要がありますが、営利目的や譲渡目的以外の自己服用に限り、バルトレックスなどの処方箋薬は用法用量に基づいた一カ月分の薬量であれば、特例として個人輸入が認められています。現在では、バルトレックスなどのデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬により、短期で比較的簡単に治癒する事の出来るヘルペスですが、ヘルペス感染者は健常者と比較して3倍~5倍エイズやHIVに感染し易いので、早期発見~早期治療する必要があります。又、単純ヘルペスは、23あるエイズ指標疾患の1つに指定されています。
エイズやHIV感染者は、免疫システムが著しく低下している為にヘルペスに感染し易く、免疫力が弱いので重症化する事が多いのでウイルスの増殖を阻害するバルトレックスが有効とされています。