帯状疱疹の初期は筋肉痛と酷似、バルトレックスを処方

帯状疱疹を発症したときには、体の片側の一部分だけが痛むことや、筋肉痛のような症状が現れているうちに、赤いポツポツが出てきます。ヒリヒリと火照るような痛みを感じた後に、眠れないほどの痛みを感じることになります。帯状疱疹では2~3週間ほどで、症状が和らいで痛みが消えていくことが多いです。帯状疱疹は素早く治療を開始することで完治させることが可能ですが、症状が進行してしまうと回復に時間がかかります。
日本の病院で診療を受けることが可能で、治療薬としてはバルトレックスが用いられます。帯状疱疹の治療の際には、1日あたり3回、2錠ずつバルトレックスを服用します。バルトレックスは口唇や性器のヘルペスに有効性の高い治療薬で、一般の日本の病院で処方を受けることができます。バルトレックスの価格は1錠あたりにつき約550円ほどですので、かなりの費用がかかってしまうものとなります。
近年では性感染症も流行していますので、性器の周りにポツポツと赤い発疹ができたときには性器ヘルペスに感染していることを疑ったほうが良いです。性器ヘルペスの治療薬としてもバルトレックスが高い効果を発揮しますので、早めに病院に行くことがおすすめです。性器ヘルペスの治療の場合には、バルトレックスを1日2回、1錠ずつ服用をして治療します。性器ヘルペスは再発しやすい病気と言えますので、継続的にバルトレックスを服用する必要があるために、自己判断で服用を止めないことが大切です。再発予防用として、バルトレックスを常備しておくことも良い対策法となります。病院で処方を受ける以外には、個人輸入業者が運営をしているインターネット通販サイトを利用して購入することもできます。